薬を飲んでいると脱毛できないの?

風邪薬、頭痛薬、漢方薬、抗生物質、ステロイド、ピルが脱毛の際に気になるという方

脱毛サロンなどで脱毛を受ける際に、注意事項があることをみなさんはご存知でしょうか。

脱毛サロンの契約に関する注意文書には、いろいろと記載があるのですが、内容が難しいし、読む気がなくなるのであまり注意して読んでいる方は少ないかもしれません。

実は、私も細かく読んだことがなかったのですがこのタイトルで再確認しました!
「薬の服用中は要注意」だということを!

すでに契約している方はお手持ちの契約内容の注意項目を再度読み直してくださいね。
そして、これから脱毛サロンに通ってみたいと思っている方は、この記事をしっかり読んで自分の飲んでいる薬を確認してみてください。

脱毛サロンで脱毛するだけなのに、飲んでいたらいけない薬がある?

脱毛サロンは医療機関ではないため、脱毛サロンのスタッフがお客様をお断りすることはほとんどありません。
アンケート内容に記載されている事実をもとに契約をするため、そこに嘘の記載をされてしまうと重大な事故になってしまう可能性があります。

それは、常時飲んでいる薬がある方や医療機関にかかっており、投薬治療を受けている方が要注意なんです!

「光過敏症など」になりやすい薬を飲んでいないか?ということが大問題なんです。

※光過敏用とは・・
日の光、紫外線にあたることで皮膚に炎症が起きてしまう症状のことです。
薬剤で起こる場合と、体質などで起こる場合とあります。
症状は、赤くただれたり、かゆくなったり、腫れるなどです。

脱毛サロン・医療脱毛は強い光で脱毛を行っています。
そのため、光・紫外線のアレルギーの方は絶対にこの脱毛を受けることができません。

もともとこのアレルギーの方は知識を持っていらっしゃるので脱毛サロンの脱毛を受けようとは思わないかもしれませんが、飲んでいる薬の副作用でこの症状が出てしまう方がいます。

どうやら、薬の成分が体内のタンパク質と結合することにより、光過敏症の症状が引きおこるとされているようなんです。
医学的なことなので、どうしてそのような薬を飲まないといけないのかという問題については、こちらではお答えすることは難しいのでお医者さまに相談していただければと思います。

さて、薬といってもすべての薬が光過敏症の症状がでるというわけではありません。

常時飲んでいる薬がある方は、お医者さまに相談するとすぐに副作用がわかります。
薬局からもらえる薬の成分にも「副作用」という項目で詳しく記載がありますので、今、飲んでいる薬がある方は是ご確認願います。

では、どのような薬が光過敏症を引き起こすのでしょうか?

光過敏症になりやすい薬とは?

※ 一例です。

向精神薬     クロルプロマジン,カルバマゼピン,イミプラミン
筋弛緩薬     アフロクァロン
抗ヒスタミン薬  ジフェンヒドラミン,メキタジン
抗菌薬      シプロフロキサシン,スパルフロキサシン,テトラサイクリン, 
消炎鎮痛薬    ケトプロフェン,ジクロフェナク、ナプロキセン
抗糖尿病薬    クロルプロパミド,グリベンクラミド,
高脂血症治療薬  シンバスタチン
光化学療法薬   8-メトキシソラレン
ビタミン薬    エトレチナート,ピリドキシン,ビタミン B12
抗リウマチ薬   金チオリンゴ酸ナトリウム,メトトレキサート

分 類 薬 剤 名
(上出良一.外因性光感作物質による光線過敏症.玉置邦彦総編集.最新皮膚科学大系 16 巻 動物性皮膚症 環境因子による皮膚障害.中山書店; 2003:293-300 を改変) 
http://www.derm-hokudai.jp/jp/shinryo/pdf/13-02.pdf

このように薬剤の名前を記載しても、実際よくわからないですよね・・・。
しかし、調べるだけでどっさりと光過敏症を引き起こす薬剤がいろいろあることがわかりました。

もし、いま、自分が飲んでいる薬にこの中の1つでも当てはまるものがあるとしたら、光過敏症になりやすい状態にいるということを忘れないでください。

ちなみに、日常生活は日焼け防止の生活を送ることが大切です。

外皮用消炎鎮痛剤について補足です。
腫れや痛みの症状を抑える非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)という成分。
これは、結構よくドラッグストアなどで売っているお薬に配合されています。
サロンパス30に入っています!
ということは、サロンパス30を貼った後、脱毛サロンで施術を受けると光過敏症を引き起こす恐れがあるという意味・・・。
しかし、あくまでも副作用の可能性なので全員に当てはまるわけではありません。

要注意ということを覚えていてほしいと思います。

要注意事項として・・

脱毛サロンでは、脱毛の当日に上記の薬を飲んでしまった場合は施術をお断りしているようです。
風邪薬・ピル・鎮痛剤に含まれている成分で万が一「光過敏症を引き起こす」成分が張っていた場合、肌のトラブルになりかねません。
お客様の安全を考えて、施術当日は医師から承諾を受けているもの以外はお断りしているんだそうですよ。

自分の飲んだ薬の成分で、脱毛効果が減ったり肌のトラブルになったりすると残念ですよね。
身体の状態が思わしくない場合は、脱毛は少し中止する方がよいでしょう。
 施術の前日(8時間以上空けること)なら風邪薬やピルを飲んでいても問題はないそうなので、脱毛サロンに行く前は薬の服用には十分注意していただきたいと思います。

  • 風邪薬  → 脱毛サロン当日使用禁止 前日8時間以上空けは使用可
  • 抗生物質 → 脱毛サロン当日使用禁止 前日8時間以上空けば使用可
  • 鎮痛剤  → 脱毛サロン当日使用禁止 前日8時間以上空けば使用可
  • ピル(低用量ホルモン) → 脱毛サロンにより使用可 要確認

最後に

光過敏症は、だれもがなる可能性があります。
サロンパス30がいい例で、ちょっと肩こりに使うというだけでも、紫外線が当たり、肌がかゆくなったり腫れたりという症状がでることがあるのです。
風邪薬も、鎮痛剤も誰しもが一度は飲んだことのある薬だと思います。
ドラックストアで購入できますしね。

でも、脱毛サロンに通う場合は薬の服用には十分注意が必要なことを覚えていてほしいと思います。

もちろん、服用していても問題ない場合もあると思います。
しかし、脱毛サロンではお客様にトラブルを与えないようにお客様による告知をお願いしているのです。
何かあってからでは遅いのです。

医師から出されている薬ではないから大丈夫だということはありません。
脱毛サロンに通うのは簡単だし、薬を服用するのも簡単です。
相乗効果で肌にトラブルが起こる可能性がとても高いので、脱毛サロンに行く日に薬を服用するのは避けていだたきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です